カルバマゼピンはてんかんの発作を予防することができる他に、躁うつ病の治療や、神経痛の緩和などにも用いられます。脳の神経を抑えて気分の高ぶりを落ち着かせる役目をしてくれます。てんかん発作を改善したい方はカルバマゼピンを使ってみてください。

カルマゼピンの薬とてんかんで頭を抱える男性

カルバマゼピンの服用で子供の性格が変わることはない

てんかんという病気は、様々な原因により、失神やけいれんを起こしたりする、慢性的な脳の病気のことを言います。脳からの信号が正しく動作しない時に、失神やけいれんの発作を起こし、倒れてしまいます。これを繰り返すのが、てんかんという病気です。

てんかんの治療には、抗てんかん薬と呼ばれる薬を使います。この抗てんかん薬には、脳の興奮を抑える薬と脳の興奮の広がりを抑えてくれる薬の二種類あります。この中でも一般的によく処方されているのが、カルバマゼピンです。カルバマゼピンは、脳の興奮を抑え、てんかん発作を予防する薬で、自律神経失調症や精神の変調、運動症状や感覚異常などの部分的な発作によく効きます。大発作と呼ばれる時にも使われることも多いです。

カルバマゼピンの副作用は、眠気やめまい、倦怠感、頭痛、脱力感などがあると言われています。重度の副作用になりますと、意識を失うこともあります。特に注意をしてほしいのが、グレープフルーツと相性がよくありませんので、薬を飲むときには食べないように注意しましょう。グレープフルーツの「天然フラボノイド」と呼ばれる成分が、薬の吸収を速めてしまうため、血中濃度が激しく上下してしまうことにより、様々な不調の原因になってしまいます。

また、お子さんをお持ちの方は、カルバマゼピンを服用してから、発作はでなくなったけれど、子供の性格が変わったように感じる方も多いようです。カルバマゼピンの副作用の中に、性格変化というものもありますから、絶対影響はないとは言えませんが、子供の場合は成長に伴って精神的な部分の変化も起こってきますから、一概にカルバマゼピンの副作用とも言い切れません。もし、心配でしたら主治医に相談をしてみるのも良いでしょう。